ダンスを習うメリットとは?費用、親の負担、スクールの選び方をご紹介!

体育でダンスが必修科目になって以来、ダンス教室の人気が高まっているように感じます。

近所にもダンス教室が開講されて、子どもの同級生のなかにも通う子が増えてきたように思います。

ただ、子どもが通いたがっていても、通わせるとなるといろんな点が気になりますよね。

ダンスを習うメリットや、ダンス教室の選び方などについて考えていきたいと思います。

ダンスを習うメリット

  • ダンスの基本が学べる
  • 体力や音感が身につく
  • 社交性が身につく

ダンスの体の動かし方は、いくつかの基本があると言われています。

教室でダンスの基礎から学ぶことで、子どもがスムーズに体育の授業についていけそうですね。

さらに、基礎を身に着けたら、難しいプログラムのダンスにも挑戦することができます。

また、ダンスは年齢を重ねても続けていけるので、子どもに体を動かす趣味を身に着けてもらえそうです。

さらに、体育そのものが苦手で、授業についていけない子どもでも、ダンスを入り口に苦手意識を克服してくれそうです。

さらに、ダンスは音楽にあわせて体を動かすために、リズム感も見につけてくれそうですね。

リズム感は体育だけでなく、音楽や英語の発音にも影響します。

ダンスは体育だけではなく、さまざまな教科にも役立ちそうです。

また、人見知りの子どもにもダンスはぴったりではないでしょうか。

社交が得意でなく、内向きな子どもでも、みんなで踊るダンス教室を通じて友だちづくりのコツが学べそうです。

さらに、普段の生活においても明るく、活発になってくれそうです。

ダンス教室の費用の目安

ダンス教室は、回数券の方式を取っていることが多いようです。

回数券の方式とは、一枚1500円から2000円ほどのチケットをまとめて買っておいて、その都度に支払う方法です。

子どもが休みたいという場合にも対応ができるので、便利な制度ですね。

ただし、人数に制限がある教室もあるので、早めの予約が必要なようです。

週一の教室の場合は、月に6000円程度が目安です。

ダンスは動きやすいシューズや服装が必須ですが、その他の道具は必要ないので、それほど費用がからからないのも魅力です。

ただし、ダンスの発表会が開かれる場合は、衣装代やチケット代などが必要になるみたいなので、教室選びのときに確認しておいた方が良さそうです。

ダンスはいつから習うのがベスト?

ダンス教室は、3歳から小学校に上がる前を対象とした教室と、小学生向け、中学生向けなどに分かれているようです。

基本的には、子どもが興味をもって、ダンスを学びたくなってから通わせるのが一番ではないでしょうか。

本人が無理なく楽しめることが、ダンスを習う上で最も重要なポイントだと言えるでしょう。

もし、体力をつけさせたり、音感を身につけさせたりしたいのなら、小学校に上がる前くらいが丁度よい年齢かもしれません。

お子さんの興味を見計らって、ダンス教室に通わせてみてはいかがでしょうか。

ダンス教室での親の負担

ダンス教室は普段の送り迎えの他に、ダンス大会や発表会などで親の負担が必要になるようです。

ダンス大会の場合は、遠方に出かける可能性があるので、必要に応じて送迎をしなければなりません。

また、会場で子どもを見守ってあげる必要もあります。

さらに、ダンスの発表会が行われる場合、教室によっては観客席のチケットを配布して、売ることをノルマにする場合があります。

また、発表会の衣裳を揃えるのに、別途で費用がかかったり、手づくりで作成したりする手間が必要となることがあります。

ダンス教室を選ぶポイントは、通いやすさや講師との相性だけでなく、こうした大会や発表会のあり方にもあります。

子どもが本格的にダンスを学びたいのであれば、大会や発表会に熱心な教室がぴったりです。

逆に、子どもが楽しく習える範囲で教室を探すなら、大会や発表会に重きを置く教室は避けた方がいいかもしれませんね。

ダンス教室を検討されている親御さんへ

ダンスはダンスの方法を身に着けるだけでなく、子どもの発育にとってさまざまなメリットがあるようです。

特に、運動が苦手だったり、嫌いだったりする子どもでも、楽しく取り組めることが人気の理由の一つでもあります。

子どもと相談して、楽しく続けていけるダンス教室を探してみましょう。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *