バスケットボールを習うメリットとは?費用、親の負担、スクールの選び方をご紹介!

バスケットボールは年齢に合わせて競技性を高めていくことが出来るので、小さいうちから始めるスポーツとしても安全に楽しめます。

幼児期から球技に慣れ親しむことで運動能力だけでなく、社会性や様々な意思決定まで育むことができるのは大きな利点であり、まず始める習い事として選択する際にも有力な理由とすることができます。

バスケットボールをするメリットとは

  • 基本的な体力の養成ができる
  • チームワークを少人数から学ぶことができる
  • 試合の移動でいろんな地域に触れられる
  • 天候に左右されづらい
  • 低年齢でも安全に行いやすい

球技として基本的な技術や体力を養えるのは幼少期の成長に大きく貢献します。

運動負荷はその能力によってもかなり上下しますが、体格によってポジションなどが変わるので、その子に合わせた役割を得ることができるのも特徴です。

他の球技と比べるとバスケットボールは5人ずつの選手で試合をするコンパクトさがあり、連携についてはより少ない人数から始めることが出来るので、視野を少しずつ広げる成果を得やすいです。

スポーツチームでは様々な場所で大会をしたり、チーム同士の練習試合を行いますから、普段なかなか行かないような地域や学校に行く機会にもなり、社会勉強をすることもできます。

体育館競技なので、練習などを基本的に定時で行うことができ、スケジュールが天候に左右されないため適度な運動として行いたいという場合にもおすすめです。

NBAなどを観ると、ハードなスポーツと思われがちですが、シュートやパスなどをつなげるコミュニケーションを重視する、ゴールを低く設定するといった方法で低年齢から楽しむこともできます。

バスケットボールを習う相場

バスケットボールを習うには大きく分けて二つの方針があり、まず地域ごとのスポーツ少年団などで行っているバスケットクラブがあります。

こうしたクラブは、地域の子供たちの健康や運動をする機会を念頭に作られているので、費用も低くなります。

具体的には年間で保険を合わせて1万円強といったあたりです。

コーチなどもボランティアで行っていることが多いので、原則手弁当となることから親のサポートなどもより必要になる可能性もあります。

民間のクラブやスポーツチームなどに所属すると、よりレベルの高い練習や充実した指導を受けられることがあります。

入会金やユニフォームなどの別途費用が掛かることもあり、平均すると年間で5万円前後はかかると考えた方が良いでしょう。

強いチームの場合には、セレクションをしてある程度の体力や技術を伴わないと入ることも難しいケースもあり、そうした強豪は情報収集や対策も考慮すべきです。

地域のチームでしばらくやってみて、より欲が出てきたら移籍を考えるなどもよい方法かもしれません。

バスケットを始める年齢や親の負担について

バスケットはボールを扱うだけなら幼稚園からでも始められますが、実際にゲームを動かしていくことを考えると小学校低学年位になってからチームに入ると良いでしょう。

小学生はかなり体力に格差があり、生まれ月でも大きな差が出るほどなので同程度に合わせるのは難しいという面があります。

したがって、ある程度自律的に動くことができて体力もついてくる2、3年生くらいになったら検討するというのが効果的です。

児童スポーツは親のサポートが必要なケースが多いです。

試合時などの送迎などは常識とされている場合も少なくないので、仕事や家庭環境を踏まえた上で無理のない場所を選ぶのも大切と言えます。

出費についてバスケットボールそのものに対して必須となるのはボールとウェア、シューズ位なので、比較的廉価に抑えやすいメリットがあります。

スクールの選び方

重要な点として、実際に通うことになるお子さんとどのようにしたいのかよく話し合ってから方針を固めるというものがあります。

チームやスクールは多岐に渡り、どのように練習を進めるのかは大きな違いが出てきます。

楽しく体を動かしたいのか、厳しくても強豪が良いのか、といったことは親の意思ではなく本人の意思確認を基に進めないと結局長続きしないことも良くあるからです。

保護者の方へのアドバイス

スポーツは素晴らしいものですが、親の欲目がでやすいので目を曇らせずにモチベーションなどを良く観察して適切な環境を選べるようにすることが大切です。

まず運動に慣れ親しませたいのか、強くしたいのかなど自分の希望ではなく子供の意思を尊重する形にする方が信頼も深められるので良いでしょう。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *